早漏防止・治す方法

早漏の原因から直し方、早漏防止グッズ、早漏れの悩み解決サイト!
射精までの時間 どのくらいが早漏?

 性交渉時、あるいは自慰行為で射精に至るまでの時間というのは、どのくらいが平均なのでしょうか。
 あまり人と比べるものでもないですし、「ひょっとしたら自分は早いのかも・・・」と思っている人であれば、尚の事人には聞きにくいですね。

 どのくらいの時間が平均なのかという調査がアメリカで行われたことがあるそうです。
 200人の男性を対象に時間を計った結果、86%強の男性が7分程度の持続時間であることがわかりました。
 残る14%弱の男性はどうだったのかというと、2分に満たなかったそうです。

 アメリカと日本とでは体質などにも違いがあるので日本はどうなのだろうということが気になるところですが、日本でも同様の調査が行われたことがあります。
 結果は、やはり最も割合が高いのは7分から9分、それに次ぐのが1分から3分だったということです。

 こうしてみていくと、7分間持続できれば早漏とはいわれないのかと考えるかと思いますが、そうした定義は成立ちません。
 次に割合の高かった2分以下の持続時間の男性が早漏ということでもありません。
 世の中には早いかなという分類に入る男性もいれば、30分以上ももつ男性も存在するようですが、早漏、もしくは遅漏というのは持続時間ではないのです。

 では何をもって判断するのかというと、自分が射精したい時にできる人、つまり射精を自分の意思でコントロールできる人が正常で、できなければ早漏か遅漏ということになるのです。

早漏の治し方通販サイトへ!



早漏防止・克服ネット
copyright(c)
早漏防止・克服ネット
All Rights Reserved.