早漏防止・治す方法

早漏の原因から直し方、早漏防止グッズ、早漏れの悩み解決サイト!
早漏は病気?

 早漏で悩む人は、自分は病気なんだと考える人と射精はできるんだから病気じゃないと考える人とに分かれるのではないでしょうか。
 男性にとっては、病気であってもなくても早漏はとても深刻な問題ですが、医学的な観点からみた場合、早漏は病気とみなされるのでしょうか。

 世界の様々な国の保健衛生に係る基準を定め、世界中が出来うる限りの最高レベルの健康な身体で生活できることを目的に創設された「WHO(世界保健機構)」では、早漏に対する認識を射精障害の一種であるとしています。
 射精障害というのは、性的な刺激などにより問題なく勃起はするものの射精することができない身体的トラブルを指し、トラブルの状態によっていくつかの分類があります。
 早漏も射精障害の分類のひとつとして捉えられており、それはWHOだけでなく医学の世界での一般的な認識でもあるということです。

 射精障害には、正常に精液が放出されない逆光性射精(精液が逆流して体内に戻ってしまう状態)や膣内射精不能(自慰行為では射精できるが膣内での射精ができない状態)といったものも含まれ、普通よりも早いだけで射精はできている早漏が同じレベルの扱いというのは納得できないという人もいるかもしれませんね。

 自分の意思で射精をコントロールできないという点が障害に該当するというのがWHOの見解のようですが、世界中の男性人口のうち、3〜5割にも及ぶ人が早漏で悩んでいるという統計もあるので、病気に分類されるからといって深刻に悩むことはなく、陥りやすい男性の悩みと解釈して精神的なストレスを溜め込まないことが大切といえるでしょう。



早漏防止・克服ネット
copyright(c)
早漏防止・克服ネット
All Rights Reserved.