早漏防止・治す方法

早漏の原因から直し方、早漏防止グッズ、早漏れの悩み解決サイト!
射精の仕組み

 射精とは、説明するまでもないでしょうが性的な興奮などの刺激を受けることによって精液が男性器から外へと吹き出すことです。
 一般的には性交渉時や自慰行為でオーガズムに達した時に射精するものですが、時には眠っている時に無意識のうちに射精してしまっていることもあります。
 これが「夢精」と呼ばれるものですね。
 意識している、していないに関わらず射精してしまうその仕組みは一体どのようなものなのでしょうか。

 射精の信号を男性器に送り込むのは大脳です。
 精子は睾丸で生産され、射精によって体外に出されるまでは精巣上体というところに蓄えられています。
 射精中枢と呼ばれる実際の射精に関わる神経は脊髄にあるのですが、亀頭部分に集中している神経が刺激されることによってこの射精中枢に大脳からの信号が届くと、男性機能を司る精嚢や前立腺、尿道の周囲にある筋肉が収縮します。
 そして精巣上体にある精子が押し出され、精管から精嚢、尿道へと移動する間にカウパー腺液や前立腺液、精嚢腺液などと精子とが合わせられ、射精される仕組みになっています。

 精液は外尿道口から外に出ますが、尿の出口と一緒なら射精の時に尿も一緒に出たりすることがないのか疑問に思ったことはありませんか?
 前立腺の上と下には括約筋という筋肉があり、射精の時には尿道を閉める働きをするようになっています。
 それにより射精時には精液が出る口だけが開いている状態になり、尿が混ざることはないのです。
 人間の身体ってよくできているものですね。

男性精力剤通販!短小改善・早漏直し方



早漏防止・克服ネット
copyright(c)
早漏防止・克服ネット
All Rights Reserved.